NEWS

伊賀くみひもスカジャンのご紹介

伊賀くみひもスカジャンは、2020年度 伊賀ブランド『IGAMONO』に登録されました。

袖に使われる飾り紐を、伊賀の伝統工芸品「伊賀くみひも」に組み替えたデザインが特徴です。

現在、猫忍者、忍者、忍者ミッキーのデザインを展開しております。

【伊賀くみひも】
半世紀以上前の機械が大きな音を立てながら複雑に動き、組紐が作られていきます。

組紐は高台を使って手作業でコンコンするイメージがよく取り上げられますが、先人たちが生産量を上げるべく試行錯誤して編み出した機械組みも、とても素晴らしい技術と文化です。

また、機械が動く以前に、たくさんの工程があることも忘れてはなりません。

【伊賀の京丸屋のこだわり】
伊賀の京丸屋は温故知新のものづくりを大切にしております。

その洋服が持つストーリーからは大きく逸脱せず、浮世絵や鳥獣戯画に忍者を吹き込み、新たな価値観を追求しております。

組紐も無理に装飾使用するのではなく、スカジャンに本来使われる撚り紐(ロープパイピング)から発想を得て、スカジャンの基本を崩さずデザインしております。

伊賀発祥の忍者ブランド、伊賀の京丸屋の伊賀くみひもスカジャンを、是非ご堪能ください。